学校用賞品集め

みずほ学校再開に向けて、賞品の用意などを先に行っています。

20180515_1.jpg

タルにした方がいいのかと思ったりもしましたが、1回で配り切るわけでもないので

やっぱりここは、通常の状態で数を持っている方がいいと思いました。


しかしながら、最大の賞品はこんなものじゃありません。

くま酒場にお邪魔した時にも、少しだけお話させて貰いましたが・・・

20180515_2.jpg

この乗ることが出来る白熊です!長期報酬で貰える、とっても貴重な物です。

分かっていると思いますけど、Fanyは付録で付いてきませんので、ご注意を!


リストには載ってませんが・・・

とあるみずほ学校の授業で、その中の細分化したコンテンツに

「クイズ・ウオリレヤ」と題した選択式クイズがあったことを

ふと思い出しました。

あの時は難題の5問をやりましたが、もっと練った上で

徐々にレベルの上がる形式に出来たらなーと思ったりもします。


当時は2人で問題を考えて、照らし合わせたりで大変でした。

「4つの中で、実際に閉鎖したシャードはどれ?」とか

「ウルティマオンラインの、開発スタートは西暦何年の話?」とか

(開発スタートは1992年と、リチャード氏は語っています)


こういったクイズは、私自身が苦手分野としているのですが

開催できる・できないは別の話と認識していますので

復活後の候補に入れて見ようと思います。

うおみん・バックナンバー

2017年4月29日に開催された、みずほ学校式スゴロクにおいて

使用された必殺カードの一覧です。

赤字で記載されているのは、選ばれなかったカードです。


CARD 01 「ダブルナンバー」
サイコロを振った後で使うと、2倍の数を進めます。
他のカードとの併用は不可。

CARD 02 「ピンポイントワープ」
サイコロを振る前に、使用するカードです。
自分の今いる位置から、前後6マス以内にテレポーターがあれば
そのテレポーターに乗ってワープが出来ます。
ワープした後はターン終了となります。

CARD 03 「10周年記念です」
サイコロを振る前に、使用するカードです。
まず、自分を10マス進めます。その後、好きな相手を1人だけ
10マス戻すことが出来ます。使用後はターン終了。

CARD 04 「もう一回だけだよ」
サイコロを振って、進んでから使えるカードです。
サイコロをもう1回振って進むことが出来ます。

CARD 05 「ハイパーリコール」
サイコロを振る前に、使用するカードです。
自分の今いる位置から、15マス以内であれば
好きなルーンの場所まで、無条件でワープできます。
ワープした先にあるルーンの効果は、受け付けません。
ゴールのルーンと、中間地点のルーンは対象外です。

CARD 06 「大移動と休憩
サイコロを振る前に、使用するカードです。
24マス進みますが、その後は1回休みになります。

CARD 07 「真っ直ぐに進む」
サイコロを振る前に、使用するカードです。
自分が今いるラインの、直線での一番端まで、一気に進めます。
使用後はターン終了。

CARD 08 「お休みなさい」
サイコロを振る前に、使用するカードです。
好きな相手を1人だけ2回休みにして、ターン終了になります。

CARD 09 「ボス戦免除カード」
ゴールに着いた時に行われる、ボスとのサイコロバトルを免除して
ゴールが認められるカードです。

CARD 10 「無条件ダッシュ」
サイコロを振る前に使用すると、サイコロを振らない代わりに
無条件で15マス進んで、ターン終了となります。

CARD 11 「激甘の掛け算」
サイコロを振った後で、使用するカードです。
サイコロ2つの数を、掛け算で計算して進めるカードです。

CARD 12 「もーいいじゃん」
サイコロを振る前に、使用するカードです。
ゴールマス手前から、10マス以内であれば、ゴールマスに移動して
そのままボス戦に突入できます。

CARD 13 「任意のマス移動」
サイコロを振る前に、使用するカードです。
2~12の間で、好きな数だけ進んで、ターン終了となります。

CARD 14 「増幅カード」
サイコロを振った後で、使用するカードです。
サイコロの数に、+10をして進めます。

CARD 15 「2回か大移動か」
サイコロを振る前に、使用するカードです。
サイコロを2回振るか、15マス進むか選んで進み、ターン終了です。

CARD 16 「再戦要求」
ボス戦とのサイコロバトルで、使えるカードです。
自分が負けた時に使うと、再勝負を要求できますが
他の誰かがボスに勝利した時に使うと、その勝利に待ったをかけて
再勝負を要求できます。この要求は強制となります。

CARD 00 「認めませんよ!」
みずほ学校式スゴロク、名物のカードです。
誰かがボス戦で勝利した時に、使えるカードです。
その勝利を取り消した上、その人を12マスも戻せます。
(これは、中間地点を最後に通過した人に、景品として渡しました)


そう言えば、Youtubeに「ファニー研究所」なるものがありますが

あちらはファニコさんという方でして、私のことではありません。


みずほ学校の内容と権利について

2011年4月~2017年12月の間で開催された「みずほ学校」で

使用された内容やアイデアについては、2018年1月の時点では

「使用は自由であり、みずほ学校の許可は不必要」としていますが

いくつか当て嵌まらない授業がありますので、記載しておきます。

記載してある分は、使用できないものとして扱ってください。


・2013年 3月・7月「るんるんパニック1・2」

他サイト様の内容を見てお借りした物。

お借りした分に関しては、当時の担当者が許可を得てます。


・2013年 8月「たまには青空の下で/ブック販売会」

後半であるブック販売会は、みずほ学校の担当ではないのと

どちらかというとフリーマーケットに含まれる感じだったので

当て嵌まらない授業として扱っています。


・2014年10月「提供イベント・セクスタント」

タイトルの通り、とある方から提供された内容がベースなので

みずほ学校が権利を有している授業には含まれません。

提供者様の希望により、名前は伏せさせて頂きます。


・2016年10月「共同開催・魔法少女カードバトル 陣取りすごろく」

開催に関わったのが、みずほ学校を入れると3組に分かれており

どこが権利を持っているのかハッキリしていないためです。


以上となります。使用や授業内容等に質問がある場合は

ブログの記事にコメントするか、メールフォームからお願いします。

思い起こせば・・・

みずほ学校を一旦終了したわけですが、思い起こせば

結局開催に至らなかったというか、完成しなかったものが

1つだけ残ったままになっています。

「すごろく鬼ごっこ」というタイトルのものです。


従来のように、決められたルートを進むものではなく

縦横に広がったフリーエリアのようなマスの中を

縦横自由に進むというのが基本的なベースとなります。


鬼は1人制で、鬼が進む途中か到達地点で人と重なる場合は

「タッチ」と宣言して貰います。タッチされた人は次の鬼となり

別の誰かを狙って進むことになります。

タッチと宣言しなかったら無効となります。また、対象が複数いる場合は

誰にタッチしたかも宣言して貰います。

なお、マスを進む前に誰かと重なっていても、タッチは出来ません。

あくまでも進む途中か進み終わった時点でタッチ可能となります。


この内容の未完部分は、終了をどのような基準で決めるかということと

必殺カードを、内容に合わせたものを作ることになるということです。

あとは、参加人数が多いとカオスな状態になる恐れがあるということでしょうか。

Copyright © 2018 みずほ学校日誌 All Rights Reserved.
プロフィール

みずほ学校公式ブログ

みずほ学校公式ブログ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter